961のととのい備忘録


何年ぶりかのド久しぶりな和光市の極楽湯さんに昼過ぎからエントリ!


-w7oplp
シャトルバスの時間がギリギリでまともな写真がなかった。。おバカさん。。


以前来た時はまだサウナを知らず、早朝に自転車をかっ飛ばしてサッと入ってサッと出た記憶しか無かったので、新鮮な気持ち。


日曜の昼ということもありお客さんたくさんでした。
サウナもめちゃくちゃ混んでた。。
遠赤外線サウナはサウナ強化期間らしく熱々設定との事。しっかり湿度も高くて最上段はもちろん1番下もじっくり熱くよきでした。
しかし人が多い。最上段に行ったら最後、道が出来るまで降りれないのでは?と心配になるほどのお客さん。すごい。。


段数は4段かな。1番上は2人くらいしか並べないほど狭いですが、3段以下は1段の幅も広くて5人6人並んでゆったり座れる感じでした。
1番下の温度は80℃台だったけど、出入りが多い割に人が多いからか湿度高めでどこ座っても熱いです。
テレビあり。露天風呂にもテレビがあるので、ご近所に住んでらっしゃるお姉さま方も長湯&長サウナといったところ。


水風呂は広い&深くて備長炭ろ過の滑らかお水で最 & 高でした。(備長炭ろ過は期間限定とのこと)
いやもう水風呂が広くて、でも浅いわけではなく普通に座るだけで肩まで浸かれるってのは本当に素晴らしいことだと思う。ほぼ水風呂だけで2時間いたと言っても過言ではない。マジで。
近くのA3コラボの湯がミント系の香りだったのもあって、ものすごい清涼感でした。全てのしがらみが溶ける。お姉さま方の豪快ダイブも禁止事項の看板の下で禁止事項全部やる人も全てを許せる。


しかもお風呂の温度が基本低めなので交互浴をする人が少ない&サウナ利用者もパッと浴びてパッといなくなるので、のんびり浸かり放題ですよ。ほぼ水風呂にいた。人間の70%は水分なので親和性抜群ですね(?)
あの温度以上に冷たく感じるお水は季節的なものもあるのかしら。。。


外気浴の椅子が沢山あるのもよきでした。
インフィニティチェアは故障してたけど。。残念。。


バスの時間があったから最後はバタバタしちゃったけど、とってもスッキリ出来ました。
水風呂は偉大だな。。。




以下、こぼれ話↓↓↓


極楽湯の和光店は確か今の職場の前の前の前くらいの職場で働いていた時に、自転車で付近を爆走する不審な趣味で遊んでいた時に見つけて、土曜の朝一番に自転車で向かったのがファーストコンタクトだったんですよね。

あの当時は広いお風呂の開拓をしていて、サウナは全く知らなかったのでお風呂の記憶しかなかったなぁ。
檜風呂と言いながら浴槽は石造りだなとか、ぬるいとか、浅いとか、そういうのをグチグチ言ってた記憶。あの当時はなんにでも怒っていた。若かった。

それでまぁ、ここからが当時のバイタリティすげーってなったとこなんですけど、極楽湯で満足できなかった当時の961は自転車で次のスーパー銭湯に向かおうとしたんですよね。
そこで見つけたのが庭の湯ですよ。和光市から豊島園まで地図を見ながらまた自転車爆走したという。

若さかと思ったけど、今も三連休で5サウナ行くみたいな事してるからなんにも変わってないや。
あの頃の私の思いつきが、サウナを試したいという時に庭の湯へ行って見事サウナにハマった私を作ってたんだね。感慨深いね。

そんなことを考えながら水風呂に浸かってました。


最近めっきり寒くなってきて黒湯と露天風呂が最高の季節になったので、仕事帰りにふらっと寄りました。
相変わらず仕事帰りでも小旅行気分が味わえる雰囲気だなぁ。
保温効果の高い温泉が冷たい秋の風にピッタリなんですよね。

久しぶりに蒸し風呂にじっくり、じーーーっくり入ってからの寝転び湯でぐったりしたら、じわじわぐわぐわ〜っとリラックスできました!
サ室は人が少なめでいい感じ!水風呂もなんとなくいつもより冷たい?ような??気温が下がったからかしら。。。
グルングルン回る視界を一度閉じて、また開けば、もうあとは何もいらない。。


水風呂に入ってたらなんだかお腹がすいてきちゃったので、とろろ蕎麦と月見つくねを頂きました。
風呂上がりの月見つくねすごい美味しい…最高…


abqipk


蕎麦は高タンパク低カロリーなので夜遅くに食べても罪が軽い気がするね。罪は罪だが。野菜食べたからノーギルティです。

忙しさにかまけてずっと更新を止めていたのですが、流石に2年分のサ活が溜まってしまってはどうしようもないので、過去の分を一気に更新したいと思います。
2年分の記憶、と言いつつ、コロナの影響でひと月に1度も行かない時もあったので、そんなに量はないだろう、ふんでいるのですが、何とかこの三連休中に書き終えたらいいな。。という感じです。

あまりにもこの2年間が忙しすぎて文を書く能力が下がりきっているのですが、このブログは最初から最後まで私の備忘録になりますので特に気にせず書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

このページのトップヘ